7 福島周辺

4 件の投稿

2007/10/08

福島:丑の倉と青葉でフェース練習。

2007年10月6日(土)~8日(月) L.坂本、SL.玉谷

私的には引き続き城山に行きたかったのだが、玉ちゃんが福島というので福島へ(福島というより、丑の倉に行きたいということで・・・)。

6日(土) 丑の倉

前回は松戸から常磐普通電車で往復したが、その後二日ほど腰が伸びなくなってしまったため今回は特急利用(デスクワークの悲しさ・・・、常磐線とは言え福島は遠かった)。
前回同様に泉駅で下車して、ここからレンタカー。

さすがに迷うことなく丑の倉へ。もちろん貸切だが、前来たときよりは雑草くん伸び伸び、引っ付き虫つくつく、ヤブ蚊達がようこそいらっしゃいませ。しかし岩は相変わらずきれい、日焼けもなく真っ白けだ。

緑亀11b、極楽トンボ11a、ワイン・タイム10d、利き酒ロード10cをTpで登る。私的にはワインタイムが一番合うような気がしたが、利き酒ロードは玉ちゃんが10aじゃないかというのに撃沈。ムーブはそれぞれ面白い。その後、登竜門ロックで前にビンと登ったところを再チャレンジ。おじいさんが子供と一緒にどんぐり拾いに来てました。

ところで、来る前にネットで調べたところ、丑の倉はいわき市の100選に丑の倉の大岩として入っておりました。地元でも知る人ぞ知るエリアなのか。

7日(日) 高倉山を目指すも何故か青葉へ

今回の宿は高倉山に近いところ。宿で近くに岩場があるのだが・・・と聞いたところ、近くで岩を登っている人を見たことがあるという。前日にも下見に行ってわからなかったので、きっとそこに違いないと車で先導してもらい、岩場へ。高倉山の裾を巻きながら進み、あったあった岩があったよ、あそこだよ、と喜びながら空き地に車を停める・・・、あれっ???

見覚えのある景色・・・もしや青葉では・・・。

少しガックリしたが近道も知ることが出来たのだからと納得して岩場へ。我々の他に男女ペアとおじさん1人と犬1匹。南のエリア2の春らんまん5.9を玉リード。続いて人がいないのを良いことにバラ色のエアメール11bを宮崎クリップホイホイを駆使してロープを張って登ってみるが、下から見るのとは違って被っているためスゴイ難しかった。

展望台エリアに移動して、ぶたぶた子ぶた10aを坂リードしてマルナカ商店の大穴11aをTpで登る。

オフシーズンのせいか、穴ホールドは泥がたまっていたり、草が生えてたり、さらにここもヤブ蚊君が大歓迎状態であったが、気兼ねなく登れたので良かった。ただ、指が痛くなってそんなに本数は登れず。

しかし、青葉の岩場は地元の人にも名前はともかく、クライミングをしている場所だというのは老いも若きも知っているようであった。反面、高倉山は麓の農家の人に聞いても知られていない様子。道路からも大変良く見えるのに・・・。

8日(月) 最終日

朝から雨。しつこく高倉山のアプローチを探しに行く。前日におじさんから最初は知っている人と一緒にいった方がいいよ・・・山道に入ってからも迷うよ・・・と言われたのだが、このまま帰ってはスッキリしない。

この2日間で何度も通った道をさらに回る。14号線から岩場が良く見えるため、麓の道路を周回しながら、もうここからは歩かないだろう・・・と思っていた頭の感じも振り切ってルート図を眺め、ここだ・・・というところを行ってみる(ここはもう高倉山の尾根筋とは違うところなのです)。

やっと着きました。車道から左上する2m幅くらいの作業道に入り、そのままメイン作業道を歩いて坂を登りきったところで左に分岐する登山道に入り、ほとんどアップダウンのない尾根上を進むと岩場に到着。さすがに植林帯できれいに整備されていて作業道も登山道も下草が刈り払われていて非常に歩きやすい道であった。が、岩場は木陰になるせいか苔っぽかった。

とりあえず確認出来たので、安心して下山。泉駅前のヨーカドー系列で買出しして呑みながら帰りました。玉ちゃん、高倉山の周辺から青葉まで、未舗装も含めてめっぽう道路状況強くなりました。

071006

2006/12/18

福島:丑ノ倉と青葉ではカッチンと。

2006年12月16日(土)~17日(日) L:坂本、SL:玉谷、妹尾、17日のみ:盛山と内藤

先々週に引き続き福島へ。今回は冬でも登れて常磐線でも行けるエリア、いわきの丑ノ倉と青葉に行ってきました。

16日(土) 丑ノ倉へ
松戸駅6:23(常磐線いわき行)泉駅9:40/10:30(車)丑ノ倉の岩場12:00~16:00(車)民宿17:30

ビン(あるいはランディ)こと妹尾くんから電車に乗り遅れたとメールがあり、折り返し携帯に電話を入れたところ、間違えて馬場くんにかけてしまった、ゴメンナサイ。

今回はレンタカーを借りるために泉駅で下車したが、丑ノ倉に行くなら先の小川郷駅、青葉に行くなら泉駅のひとつ先、湯本駅で降りることになる。しかし、松戸で乗ってそのまま最寄りの駅に着けるなんて・・・3時間普通の座席に座りっぱなしはきついが、伊豆や三ツ峠に行くのと同じくらいの運賃で来れる。

ビンが来るまでに、泉駅前でレンタカーを借りたり、帰りの買出しの店を下見をして、それほど待つこともなく合流して出発。

丑ノ倉の岩場は100岩場のアプローチ図とは周辺道路が少し変わっている。とにかく鳥居を目指すこと。まず道の右手に鳥居を見て、その先、左にも鳥居があれば、桐ヶ岡線の標識があるので、それに従い右の道に入ると間違いなくある。

林道のすぐ脇に2つボルダーがあり、予想よりきれいな岩なので3人で喜ぶ。さらに奥にハーフドームを見に行くと、これまた予想よりもきれいだ。さらに誰もいなくて貸切状態。

まず、ビンに自己脱出とセカンドのビレイからのロープの繰り出しを教えたあと、林道脇の登竜門ロックの登竜門スタンダード5.10-をトップロープで登る。ビンが撃沈。
続いて、ハーフドーム南面へ。ここも裏からトップロープがセットできる。ハーフドーム初登ルートのサニーサイドストリートオリジナル5.8をトップロープで登る。ビンも浮上。まだまだ登りたかったのだが、日は短いので終了。今回は初めての地なので民宿泊。

Ushi1 Ushi2

17日(日) 青葉へ
民宿8:00(車)青葉の岩場9:00~14:30(車)泉駅15:30/16:19(常磐線)松戸駅19:41

この日は仙台よりカッチンとカッチンの職場の後輩、内藤くんと合流予定。彼らは移動途中に結構雨に降られたようだが、いわきは曇り。
青葉も100岩場のアプローチ図では道を2つグネグネして踏み跡に入るが、実際は3回グネグネした。

踏み跡を登って岩場に出ると、昨日よりちょっとコケっぽいような感じで少しガッカリするも、南面に移動すると、明るい岩場がぐる~っと続いている。幕岩のような感じだ。
簡単なルートのある南のエリア2に移動。昨日から来ているという外国の方は仙台から来たというので、私たちが昨日行った丑ノ倉を写真を見せながらお勧めした。その他にもカッチンを見たことあるという仙台の方がいたりと、仙台人がかなり多かった。

カッチンと内藤くんも合流し、春らんまん5.9、菊のてんぷらライト5.9+、チープスリル10c、カッチン登ったのはカブトガニなのかな?
砂岩で表面が粗いので、指のはらが痛いし、ズルッとすべると指はヤスリですったような感じでヒリヒリするし、靴のフリクションも効いている感じがしなくて怖い。最初の支点も少し遠いので、ミヤザキクリップホイホイでプリクリップしてからリードした。

Aoba1 Aoba2

電車の時間があるので終了。カッチンも密かに装備を買い込んでいるらしいし、マギー内藤くんも頑張って登るそうですよ。たまにはいわきで合流して仙台支部と一緒に登るのも良さそうだね。来年になったら3人になるそうだし。

帰りはヨークベニマルで買出しして、いつものように飲みながら帰りました。以上、いわきの岩場報告。どちらも陽があたるので、冬良さそうよ。この2つ以外、青葉の近くに高倉山の岩場もあるそうなので、今度行ってみようかな。

2006/12/03

福島・花塚山・カニクラック

2006年12月2日(土)~3日(日) L:坂本多鶴、SL:玉谷和博

今回は今年の目的のひとつであった、カニクラックに行ってきました。しかし、この週末は寒かった。

「カニクラックあなどれん!」
2日(土)
上野駅6:34(東北新幹線)福島駅7:57(レンタカー)花塚の里駐車場9:30 カニクラック11:00~14:00 -大日岩近辺の探索- 宿泊地16:00

福島駅に着くと明け方までちょっと降っていたのか路面が濡れている。西口駅前でトヨタレンタカーを借りて出発。途中コンビニで買出しして、カーナビ頼りで花塚の里にたどり着くが、何だかイメージと違う。道路の入り口に花塚の里の看板はあるのだが、車止めのところには仮設トイレがポチンとあるだけで、何も案内がないのだ。とりあえず少し下の広場に駐車して出発。しばらく登るとちびっこ広場らしい丸太仕様のアスレチックなものが点在していて少しだけイメージに近くなる。

その先、神社のそばに案内図があり、カニクラックのある行者戻し岩は神社の左側のこっちだな、と登り始めたのだが(これがかなりの急登)、途中で違うと気がついて、神社の右側の道を登りなおし(これ表記の仕方の問題なのです、しかし間違って登ったほうにも斜面にボルダーっぽい岩がゴロゴロとあった)、今度は登山道にも岩が現れ始める。

そして、岩の右側を大きく巻くその岩に鎖が下がっていたらそれが行者の戻し岩(登山道が岩と一般とにわかれているらしい。ただ、かなり古い木の板には仙人岩?と書いてあるようだ)だ。登山道から離れて斜面を下っていくと、ありましたカニクラックが。

登山道側から松の根っこなど使いつつトップロープを張る(かなり長いシュリンゲが必要)。まず私がチャレンジするが、前傾しているのですぐにはがされるし、カニにもなれない。次に玉ちゃんがチャレンジしてカニを目指すも途中でカエルになってしまう。それでも何とか大テンションしながら上までは登ったものの・・・登ったとは言えない登りでした(カニは降臨せず、カニ玉、カニ鶴レベル、本当にⅤ級?)。岩場は登山道上と違って風がなく寒くはなかったけど。

004_1 003

時間があまったので大日岩を偵察しにいく。日本の100岩場に書いてあるアプローチ図は大日岩への入り口道路にトンネルが書いてあるのだが、実際はない。これで勘違いして大日岩の看板をあとあと見つけたものの、この日は時間切れ。福島駅前のビジネスホテルに宿泊。福島駅はビジネスホテルがかなり多いが、出張で来る人がそんなに多いのだろうか?

「福島県の岩場見学」
3日(日)
宿泊地8:30(レンタカー)大日岩9:30~11:30(レンタカー)真野川13:00~13:30 福島駅15:00/16:05(東北新幹線)上野駅17:42

レンタカー屋に向う途中、何だか白いものが時おり散らつくし、昨日よりも寒くて耳がかじかむ。大日岩に向う途中、小雪がパラパラして来た。現場近く、大日岩と書いてある古い木の看板が道路の右側に見えたら、左のジャリ道を上がる。昨日も偵察で歩いて見に行ったのだが、トンネルはないし墓地が見えてきたので違うと思って戻ってしまった道だ。しばらくすすむと、左に町の大日岩の白い案内板がある。そこは駐車スペースでもあるが、その右奥のはっきりした踏み跡を下ると大日岩に出る。私たちは岩の左側のクラックが登れるかな・・・と見に行ったのだが、登られてなさそうで、見た目もろそうで、上部はしみ出ししている感じだ。しかし正面壁はすごい。大きな花崗岩が割れて、残ったほうが岩場、割れたほうが河原で真っ平らなスペースになっている。地元の方によると夏は37度くらいになることもあって登れないそうで、秋~12月という感じらしい。

013

しばらく見学して、真野川の岩場を見にいく。ここは真野ダムの近くでわかりやすい。川に下る道を降りて車止めのところで駐車。丸太の渡してあるところを渡り、立岩に続く踏み跡に入ってその先を登りつめると到着。こちらは石灰岩(近くに鍾乳洞もある)で、地元のかたによると、大日岩よりお買い得だそうだ。適時期は11月までになっているし、さすがに誰もいなかったけど、面白そうな感じ。川岸にある立岩も道路から見えない側にはボルトがあった。しかし、大日岩も真野川の岩場も道路からのアプローチは近い。

028034

予定の時間も来たので、駅に向う。今日は1日小雪まじりであった。帰りは天狗によって、来年はフェースだ!という話になりました。ついでに忘年会の予約もしてきましたので、皆さま参加お願いいたします。

他の写真もまたアップしておきます。

ところで、花塚山は川俣町にあるのだが、川俣町はコスキンの町らしい。コスキンって?

2005/09/18

東北:黒伏山南壁と丸森の岩場

2005年9月17〜18日 坂本、玉谷、盛山、森、斉藤

16日(金) それぞれに夜行高速バスで仙台へ

玉ちゃんと私は一番安い料金だったせいか、普通の観光バスタイプで寝る体勢としては首も痛くてきびしかった。次に安いあたる君は毛布もついているし、寝られるし、ヒルトンホテル前出発。一番高いゴルゴは3列席で完全に寝る体勢になれたそうだ。

17日(土) 黒伏山南壁・中央ルンゼ

仙台駅東口のファミリーマート前にて5:45頃に全員集合。コンビニ朝食を済ませ、転勤で仙台在住のカッチンの営業車で6:00過ぎに出発。駅周辺から離れて行くとなだらかな景色。道路も信号が少なくて、高速道路を走っているようだ。

黒伏には1時間ほどで到着。スキー場の第3スキー場に車を止めて7:30頃出発。登山届のポストの脇の林道から川に向かって降りる。このまま林道を下れば、橋を渡って黒伏登山道に入るのに、私の事前情報では橋はすでになく徒渉であったため、踏み跡から川に降りて徒渉し、登山道に合流となってしまった。

沢沿いをしばらく歩くと登山標識があり、そのまま登山道を進む。台地状を歩き、南壁が見えてくると、幅1.5mほどのガレ沢があるので(そばの木に古いシュリンゲがまいてある)、そこから登山道と別れるとすぐにキビタキの池。踏み跡の急登を10分ほど登れば、中央ルンゼの取付きに出る。取付き着が9:00前頃かな。

スズメバチが飛んでいたが、無視しながら準備し、カッチン−ゴルゴ−あたる隊、玉−坂隊で出発、1P目はカッチン隊左から、我々は右から登る。

1P目は確保支点から左上気味に登り、クラックに入るのだが、我々はルート図のルートのさらに右を登ったようだ。カンテ左のクラックを登ったところまで(IV・A1、20m)。

2P目も人工混じりでカンテを右に越えたところまで(IV・A1、20m)。

3P目はブッシュを使いながら直上だが結構いやらしい(IV+、20m)。 ここで若者隊と合流。

4P目はフリー混じりの人工。直上して行き止まりを左へ(IV・A1、25m)。

5P目は広いルンゼへの入り口を直上(III、25m)。

6P目は緩傾斜の広いルンゼを右上した小広場まで(III、40m)。

7P目はルンゼのどんづまりまで(III+、20m)。ルンゼ内、支点が乏しいというほどではないが、濡れていると悪そう。

8P目、ルンゼ右のフェースを右上気味に登って直上し、左に抜ける(IV+、35m)。このピッチは結構石が浮いていた。また、ルンゼ内も大きなフレークが浮いていていやな感じ。

9P目も最初の数mは石が重なったようでイヤな感じ、その後は垂壁(IV・A1、20m)。

10P目はフェース直上後、棚を左に移動して、草付を右上する(IV・A1、20m)。この辺り、確保支点が点在しているので、ピッチのきり方はそれぞれであろう。

11P目は草付を直上から左上して、最後は右へ出る(IV・A0、20m)。

最終ピッチは人工とフリー混じりで終了点へ(IV・A1、15m)。

中央ルンゼ1P目  ルンゼからフェースへ

終了点に16:00すぎ。あとはザイル1ピッチと100m位の登りで17:00頃に尾根に出る。
装備を片付けて黒伏山頂方面を目指しながら稜線に上がると登山道に出た。ここからは登山道の下降だが、結構長かった。
もう少しで川に戻るか・・・という所で暗くなり、ヘッデンを出す。が、ない。登攀終了後にその地点に忘れたらしい。玉ちゃんのヘッデン借りながらの下降になりました。すみません。
駐車場に戻ってきたのが18:30。本日誰にも会わず。

黒伏は谷川に似ていた。逆層と書いてあるが、ホールドとスタンスはそれなりにあったように思う。また、ルート図では50mのピッチがあるが、結構確保支点が点在しているので、45mでも問題ない。しかし、中間支点が枯れ草などで埋まっているところもあったりして登る人少ないのだろうか。

天童方面まで足をのばし、焼肉を食べて、黒伏に戻る。学生は元気だが社会人はクタクタ。足の裏が痛い痛い。宿泊は黒伏のベースとなる柳沢避難小屋。暗くなった林道を、まだかまだか・・・もう引き返そうか・・・と思うくらいでやっと出現。水は豊富。トイレもあり。

18日(日) 丸森の岩場へ

柳沢小屋をあとにして、丸森へ出発。途中、コンビニなどで買出しするが、暑い。

やっと丸森に着いたものの、メインの見晴岩への徒渉地点が見つからない。右往左往しながら、やたら暑いしどんどんモチは下がるのだが、登山案内板をゴルゴが発見する。
丸森の岩場は本峰430mの岩岳の周辺に点在、登山口が3箇所あることがわかった。駐車場のある第1登山口からモアイロックを目指すことにする。

なだらかな登り30分で山頂着。かなりの時間休憩して、急坂を下りきった鞍部で、ゴルゴが「Climbling 本峰」のプレートを発見。今下降してきた尾根の北面がモアイロックであった。

蒸し暑く、ヤブ蚊の襲撃もあり、モチがさらに下がるが、ヴィーナス5.9+であろうと思われるルートにあたる君が取付く。が、難しい。しかし、なんとか終了点まで登ってしまう。素晴らしい。その後、我々もトップロープで登るが難しい。

全員登ったところで、16:00も過ぎたので下山開始。鞍部から南面に向かって下降、右の尾根をひとつ乗越して、隣りの沢に入って降りきると、駐車場のすぐ近くに出ることができた。

登ったルートは帰ってから調べると、B型カンテ10aであった。自分としては10bくらいに感じでしまったが、パーミングが出来れば10aに感じることが出来るのだろうか。

モアイのあたる君  モアイのあたる君2

ところで本日も誰にも会わず。こちらも、あまり登られている気配はなかったし・・・。その後、仙台に戻り、牛タン屋で牛タン食べて解散しました。

カッチンは仕事忙しい中、連休付き合ってくれてありがとうございました。車出してもらったので、かなりラクでした。やはり現地の足がないと厳しいね。でも前夜発土日山行充分可能エリアですよ。今回は仙台初めてだったので、観光気分混じりもありましたし、色々と調査不足の面もあったので、次回はばっちり準備したいと思います。