メイン | みずがき 大ヤスリ岩ハイピークルート »

2004/07/04

一の倉沢/衝立岩中央稜

2004年7月4日(日) 坂本(記)、玉谷、森、斉藤

前日の土曜日、3人は夕方出合に到着。あたる君は22:00頃に出合着。宮崎ホイホイさん達JMCCのOB会の方々とまた一緒になってしまったので、皆でテントにお邪魔する。早く寝るつもりが何となく遅くなってしまう。

日曜日、天気予報は曇りであったが、快晴。4:00起き5:00出発で出かける。テールリッジの登りで私が調子悪くなり、中央稜の取り付きで休ませてもらう。先行パーティもしばらく休んでいるようで、彼らが出発したあとにゴルゴ−あたる君、続いて玉−坂で登攀開始。中央稜はルートが右にいったり左にいったりでコールが聞こえにくいのと、他パーティも多かったのでコールが入り交ざり、あたる君はその部分がやりにくかったかも。

以降、今回気づいたことですが、中間支点はなるべくセットするようにしよう(残置ハーケンなど1個1個の強度が弱いので)。あと、お互いにコミュニケーションがとれるまでは、声が届く範囲でコールするとか(ロープあと何mとか聞いたり)、確保支点があったら、そこでピッチを切るというのも手です。次のピッチが何mかを登る前に一緒に確認するのも良いと思います。玉ちゃんと私の場合、ロープの動きが止まったあと、1本ずつ順番にロープが引き上げられたら、セルフビレイが終わったな・・・と判断しています(声が聞こえなくても)。

慣れてくれば、色々とスピードアップしたり省略する部分もあるだろうけど、最初のうちはしっかり確認しながらやることが、周りにも信頼感を与えるし、あとに繋がると思います。

しかし、この度は玉ちゃんも私も運動不足の寝不足の水不足でまいりました。

中央稜あたる君  中央稜玉ちゃん

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿