« みずがき 大面岩北稜ルート(途中まで) | メイン | 東北:黒伏山南壁と丸森の岩場 »

2005/05/05

小川山でクラック 松ちゃん達と。

2005年5月3〜5日 坂本、玉谷、松ちゃん隊(松澤、斉藤、町田)

4月29日から1日までいた小川山。2日に玉ちゃんが仕事でいったん松戸に戻り、2日夜、再び松戸を出発して廻り目平に1:30着。車の中で仮眠。

3日(火)松ちゃんたちに合流

まずは小川山レイバック5.9+に出発。松−坂−玉が松リードで登り、あたる君とチョビもそれぞれリードする。我々は30日にやっと登れたばかりなのに・・・栄光は3日で終わってしまった。

レイバックの初代チョビ  レイバックの松

続いて南稜レモンルート5.8に行く。松−坂−玉、あたる君−チョビ。3P目はクラックを登ったので、二度目の我々も楽しめました。
が、終了点から懸垂下降して取り付きに戻ると、玉ちゃんの青キャメがない。皆の記憶をつなぐと、どうやら3P目のクラックに残置したらしい・・・。
振り子の2番目に登った松ちゃんがキャメからロープをはずし、続いて登る玉ちゃんが回収する予定だったのが、クラックの外側を登ったため見落としたようだ。

南稜レモンあたる君  南稜レモン取付

という訳で3人は再び南稜ルートをもう一度登って青キャメを回収、あたる君とチョビは下部ソラマメに向かった。

テント場に戻り、ナナーズで買出しして焼肉。しかし、振り子の時には回収気をつけないと。

4日(水)マラ岩と妹岩エリアへ。

ルートが混む前にと、皆で早めの出発。
我々は30日に登ったばかりの龍の子太郎5.9へ。前回は1P目しか登らなかったので、今回は2P目も登る。
小さいのから大きいのまでカムをセットしまくり。リードしながらセカンドは快適だろうなぁ、と思ったがその通りだったようだ。
頭からは歩きと10mほどの懸垂下降で取り付きへ(残置ロープもあった)。
やっぱ2P目まで登ったほうが面白いかも。福原信一郎さんは2P続けて登るらしい。それも面白そうだ。

適当なルートが空いていないため、場所を移動する。
一度テントに戻ったあと、私たちはガマクラック10aへ。最初見たときはエェ~と思ったが、良くみると登れそうなのでチャレンジ。
下部を坂リード、核心のクラックは玉リードで登る。クラックは出だしが悪く、ハンドジャムは決まるのだが岩がカドカドしていて痛い。
しかし上まで登るとなかなか良い気分だ。1ピッチの懸垂下降で取り付きに戻れる。この後、松ちゃん隊もやってきて登る・・・私たちの栄光は数十分で終わってしまった。

この日気づいたことは、ジジでセカンドをビレイしていた時に、シングルなのでロープが反転しないようにロープのカラビナを上のカラビナにかけていたのだが、カラビナの長さが短すぎてロープが浮いていたため、あわてて変えた。

翌日の早朝に出発して松戸に戻る。次はカサブランカ10aを狙いたい。

ガマクラックの3人  ガマクラック

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿