赤岳山荘で氷
あたる君ブラボーと城ヶ崎でクラック。

赤岳山荘で氷

2006年2月11日(土)〜12日(日) L坂本、SL玉谷

今週は仕事で疲れたのもあり、再び赤岳山荘の氷へ。

常磐線でキジ坊に逢い、日曜の夜にのみに行くことになったため、茅野駅で帰りの特急の時間変更する。前回同様に昼前に赤岳山荘に到着、数日前に降ったようだ。玉ちゃんも私もリーシュを変えたので、それを試しながら登る。この日は結構暖かかったので、氷も刺さりすぎるほど。16時過ぎまで練習して終了。玉ちゃんはリーシュに関してはウーン。

翌日は夜間冷えたこともあり、氷も硬くなって表面がパキンと割れる。朝いちは鼻毛も凍りそうな感じ。山荘ではおなじみの社長が来られていて一緒に何度か登り、最後にあアックスなしで登ったが、手袋の手のひら側が皮だったので、滑りそうで怖かった。社長からは色々と装備をいただいてしまいました。

グリベルのスクリューは前と同じタイプのもハンドルがマイナーチェンジしていたのですね。山荘で色々とカタログを眺めていたのだけど、こんどカンプのトライカム?を試してみようかなぁと思いました。

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)