« 三倉岳でクラッククライミング | メイン | 保科雅則ガイドのクラックリード講習会。 »

2006/05/27

みずがき 十一面岩末端壁

2006年5月27日(土)〜28日(日) 坂本、玉谷

今シーズン初、保科雅則ガイドの講習会に参加する。

27日(土)

三倉ではバルタン星人してしまったし、先週の幕岩では5.9のフェースでワンテンしてしまったので、どうかなぁ・・・と思いつつみずがきへ。玉ちゃんは三倉以来の岩だ。

我々の他に6名が参加。調和の幻想1P目(5.9)、T&T(10d)、アストロドーム(11a)を登る。調和の幻想はいつか自分たちで登りたいと思っているのだが、そのサイズにまだ慣れていないので、挑戦するのは怖そう。グレードは上だがアストロドームの方がカムのセットの練習に良いそうだ。T&Tもアストロドームも甘いジャムが出て来るが、前よりは上手になったか。しかし、当たり前なのだが、テーピングしていないとこにキズが出来る。

他の人たちはみずがき山荘、私たちはヘルシーランドキャンプ場へ。夜間雨の予報だったのでバンガローを借りることにする。なんとご主人が我々の顔を覚えていてくれた。ただ、昨年一緒にいた奥さまは今年の春に亡くなられたそうです。それでも小奇麗なキャンプ場、いつまでも続けてほしいなと思います。みずがき方面に行くときには、また利用しよう。

28日(日)

7時半集合なのに、7時頃に雨足が強くなる・・・なのに集合時間には不思議とあがった。昨日と同じ場所に到着。被ったアストロドームもクラックの中は少し湿っているし、雨もまた降ったりやんだりなので、カムをセットしながら人工登攀の練習。目の前のクラックにはいいサイズのカムを選んでセット出来るのだが、下から初見のクラックを見てサイズを選ぶということが、まだ出来ない(それで、たくさん持って登ってしまうわけだ)。ここらへんも経験つまないとなぁと感じる。

続いて、まだ湿り気の残るペガサス2P目(10d)にロープが張られる。テーピングは苔色、濡れるチムニー登りもあり、色んなサイズのジャムも出来たし、面白いルートだ。こないだからフィストジャムが出来るようになってきたので、これももちろん使う。しかし、登りながら、この状態で保科さんはよくリード出来るなぁ・・・と感心してしまった。最後に乾いてきたアストロドームの下部を登って岩は締め!

そして、一番最後は韮崎駅前の鳥吉で締め!焼き鳥もお酒も旨い旨い!クラック・・・やるほどに面白いなぁ。自分たちでもまた来よ!

06051701

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c01348577b8ab970c

Listed below are links to weblogs that reference みずがき 十一面岩末端壁:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿