« 松ちゃん、あたる君と小川山へ。 | メイン | 佐藤さん追悼山行 »

2006/11/10

-追悼- 佐藤正二さん

0001_12 写真=三ッ峠 「四季楽園」前のテラスにて2001年秋頃

「石井スポーツ登山教室や渡辺篤夫(校長先生)プロガイドをサポートする、自称『正真正銘のニセガイド』。三ッ峠の主。口は悪いが根はとても優しくて、僕らが初めて三ッ峠に来たころから(だから、12年来になるだろうか。)のお付き合い。まつど岳人倶楽部のニセ顧問。」

佐藤さんが亡くなったって?信じられない…。三ッ峠に行けばいつも会えると思っていた。ついこの前、小川山で一緒にカサブランカを登ったじゃない。一足先に帰る僕らの車をひとり見送ってくれたじゃない。黒いサングラス、日焼けした顔、緑のジャージ、白い長袖のポロシャツ…。三ッ峠の岩場ならいつも運動靴で登っていたっけ。テント泊まりの僕らが四季楽園に泊まるようになったのは、佐藤さんが生ビールをとってもおいしそうに飲んでいたから。河口湖駅前の土浦食堂で飲んだお酒もうまかった。切符も買わずにあわててホームまで走ってきて、「もう帰っちゃうの?一緒に飲もうよ。」って誘ってくれた時の話だ。いままで一度もロープを組んだこともなかったのに、最後に(なってしまうとはもちろん夢にも思わなかったけど)小川山や三ッ峠で、一緒にロープを結べて良かったね。口論になってしまったことも、あれはあれで良かったのだよ。いまとなっては。

僕らはみんな佐藤さんが大好きだった。三ッ峠に行けばいつまでも会えると思っていた。吉尾弘さん、堀田弘司さん、そして佐藤さん。僕らにとっては数少ないかけがえのない先輩をまたひとり失ってしまった。さようなら 佐藤さん。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c013485e74248970c

Listed below are links to weblogs that reference -追悼- 佐藤正二さん:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

明日は生憎雨模様だけど、四季楽園で思い出話に花を咲かせようよ。

初めまして三国です。HPを訪問させて頂いて、佐藤さんの訃報を知り大変驚いています。4年前に渡辺スク-ルでお世話になり、今年お盆に偶然B-PUMPでお会いした時は大変お元気でお亡くなりになったのが信じられません。誠に恐れ入りますが、何時、何処でお亡くなりになったのかお教えて頂けませんでしょうか?追伸
松本岳人倶楽部の会報、大変素晴らしいです。

三国さま
私たちも渡辺学校の方から連絡をいただき驚きました。
11月4日に亡くなられ、7日が告別式でした。4日の1週間前に越沢バットレスで脳出血を発症し、病院に搬送されたものの意識が戻らなかったとのことです。
先週末は四季楽園に行きましたが、佐藤さんを知っている皆さんが突然のことで驚いていました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿