« 城山クッキングと門脇南でフェース。 | メイン | 吉田氏シーサイドと、あたるビン門脇崎。 »

2007/01/24

松ビンキジ坊とアイスクライミング。

2007年1月20日(土)~21日(日) L:坂本(記)、SL:玉谷、中野、松澤、妹尾

当初の予定は雪訓であったが、目的をビンのアイスクライミングに変更。

20日(土) 赤岳山荘のクリスタルキャンディ
新宿駅7:00(あずさ)茅野駅9:07/30(直行バス)美濃戸口10:08 赤岳山荘11:00

今シーズン初めての雪装備。赤岳山荘の肉うどんも1年振りだ。
キジ坊も一緒なので、初日は赤岳山荘の氷を登る。保科ガイドとヒロケン氏が使っていたが、ヒロケン氏は昼から大滝へ移動、保科さんも14時過ぎに移動したので、その後は我々だけ。例年に比べて氷の発達具合はいまひとつだが、初心者が練習するにはちょうど良い。
ビン-キジ坊-ビン-松ちゃん-ビン-玉ちゃん-ビン-私、という具合で、何回もビンに登ってもらった。

練習終了後は、キジ坊と遅ればせながら新年会。大人は小屋泊、若者は幕営、私たちは渡辺さん3人組と同泊、食事もかなり賑やかだった。

21日(日) 南沢大滝
赤岳山荘8:00 大滝9:00~14:45 赤岳山荘15:15~30 美濃戸口16:00(タクシー)茅野駅16:40/17:28(あずさ)新宿駅19:36 <キジ坊は先に下山>

膝の具合で大滝は無理だからというキジ坊とわかれ、4人で南沢大滝へ。今年は中央しかつながっておらず、左右はツララ状、従って登れるルートが少ない。垂直部も7mほどか・・・。

我々がたどりつくと、すでに昨日混んでいて登れなかったという大阪の若い男女ペアがとりついていた。続いて渡辺さんチーム、その次が我々で松ちゃんリード、さらにJCC、とどめに東京雪稜会のバネチームと一時はかなりの人数であった。松ちゃんは簡単な場所が空いていなかったので、難しいところを登ることになったが、頑張ってロープを張ってくれた。

とにかく滝の幅が狭いので、2人しかとりつけないし、結構大きな氷も落ちてくる。回数登るのは無理なので、なるべくビンと松ちゃんに登ってもらう。松ちゃんはツララ状にも挑戦した。

最後、ロープの撤収に時間がかかり、バネ氏にも手伝っていただいて何とか撤収。山荘まで駆け下りる。あとはコンビニで買出しして、飲みながら帰りました。

キジ坊は普段の散歩トレーニングの途中、ボルダーもやりはじめているそうですよ。復活かなり期待大か?!

Kijiice2 Ootaki

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c0133f2384df3970b

Listed below are links to weblogs that reference 松ビンキジ坊とアイスクライミング。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿