« 幕岩正面壁と城ヶ崎マイクラック10a。 | メイン | 年末。ミストレル5.9、増長天5.8など。 »

2008/12/15

新人雪山で天神尾根。

2008年12月13日(土)~14日(日) L.坂本、SL.玉谷、五十畑、井出

新人雪山体験で天神尾根に行ってきました。

13日(土) 土合駅から避難小屋まで
上野駅6:04/16(⑤線高崎行、高崎線)高崎駅8:04/23(上越線)水上駅9:27/50(上越線)土合駅9:59

玉ちゃんの希望で「土合の階段登る~」事にする。偶然出会ったわらじぃ隊も土合下車。
しかし、駅から見渡す景色、雪がない・・・。

少し不安になるが、慰霊碑を見学しながら、ロープウェイ駅まで歩く。
ここからの景色も雪が少ない・・・。

さらに不安になるが、往復キップを買って乗り込んで天神平へ。
とりあえず雪はあるし、雪訓パーティも尾根付近に見える。
25000地図で現在位置を確認して出発。

夏道通しにも踏み跡はあるが、キックステップの練習しながら、とりあえず尾根へ。
雪訓組は総勢40人か? テントも4-5張あった。
ここで、また地図を確認する。

下降して夏道に合流。テン場を探しつつ避難小屋を目指す。
途中、木道や階段が顔を覗かせるくらいの積雪量。
もうすぐ避難小屋かなぁ・・・と思った頃に、左の膝裏が痛くなる。
数日前にピキッとなったので、念のためにシップ張ってきたのに・・・。

熊穴沢避難小屋に着くと、この周辺も大賑わいで、テントが4-5張。
私たちはブッシュの隙間を整地して、テントを張る。

明日のためにアイゼンをつけて、重ねてワカンもつけてみる。

テントの中に入って、スパッツ手袋をテント内に干して、水作りのあと夕食。
寝るときにボンベをシュラフに入れてもらう。

夜間に降雪。

14日(日) 天神尾根途中まで

朝は6時30分起床。ラーメンを食べてアイゼンつけて出発!
・・・と、見たことある人が・・・。校長先生(渡辺篤夫ガイド)であった。
色々とご指摘を受けたり、写真を撮っていただいたり、ありがとうございました(笑)。

玉ちゃんトップで出発。若者二人は続けて快調に歩く。
私は膝の調子見ながら歩くということで、最後につかせてもらう。
途中、鎖場では鎖や岩が見え隠れするような感じ・・・の積雪量。
結局、積雪量は30cm位なのかな。
登るにつれて風も強くなり、視界も悪くなってくる。
肩の小屋手前の雪田の手前辺りで、撤退宣言。
吹き溜まりの歩きが膝に来はじめたので、ゴメンナサイ。

下降して避難小屋へ戻り、テント撤収。
スキー場の上部に移動して、滑落停止と耐風姿勢を練習して、ブッシュと笹でプルージック支点作って、最後にシリセードしたところ、スルメの鼻の穴に小枝が刺さって鼻血を出してしまいました。

帰りは久々に水上駅前の久保田により、電車に乗ったところ船山の岡田パパに遭遇。呑みながら大宮まで一緒に帰りました。

来週の阿弥陀北稜の前にという事で、出来ることをやりましたが、リーダーが体調完璧でなく、すみませんでした。
来週はカッチンと松ちゃんでよろしくお願いします。
ちなみに、チョビとスルメは二人とも1月は忙しいそうです。
私も2月までには足治します(普通に歩くには問題ないのだけど、膝裏が伸びると痛いので・・・)

08121401 08121402

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c0133f2384d85970b

Listed below are links to weblogs that reference 新人雪山で天神尾根。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿