« 兄岩と下部ソラマメ:フェースの練習 | メイン | 有笠山でフェースの練習。 »

2009/09/23

流星めぐり10c失速と大日本国民も。

2009年9月19日(土)~22日(火) L.坂本、SL.玉谷

秋のシルバーウィークと言えども台風の時期だったので、遠出はやめて小川山としました。

19日(土) 親指岩の上部へ

新宿駅はお盆に比べてザックの人も多い。今回は小淵沢から小海線に乗換えて野辺山駅下車。タクシーで廻目平に入った。

玉ちゃん久しぶりに小川山レイバックをリードすると楽しいよ、という事で親指岩に向けて直で登っていったが、登りすぎて支尾根に出てしまう。木々の間から下を見るとレイバック、誰か登っている。

ふと見ると3mほどのクラックがあり、横にはfixが垂れている。上に支点はあるらしいので、玉リード。下部はフィンガーが決まるが上部は甘い。10cdかなという事になる(あとで10bだよ、という話も聞く)。しばらく登って、親指岩をそばを通って下り、テン場へ。

09091901 09091902

20日(日) 流星めぐり失速

マルチという事で、岩峰群を巡る「流星めぐり」へ。金峰山登山道を歩きフェニックスの岩場のさらに先、右手に小さな祠の見えたらもうすこし先に岩があり、そこが1P目。

1P目は逆層フェース5.9、ルートを通してピンは近いし、RCCだけでなくハンガーボルトも入り混じる。
2P目は小ハングからフェース10c、右から行くともっと簡単になる。ここから少し歩いて3P目へ。
3P目はスラブを登って小ハング5.8。また少し歩くと左手にボルダーサイズの4P目。
4P目は3mほどの岩にクラック5.8、ハンガーボルトも2本。また少し歩くと岩が、左側に5P目。
5P目はフェースとスラブ10c。
6P目はロープの流れの関係で2Pに区切ったが、前半部は浮石もありそうだがガバで後半はスラブ5.7。

登ったところがピーク状。靴に履き替えて7P目を探すが、ここで我々の宇宙船はブラックホールに吸い込まれてしまったらしい。

右手に下ったところにRCCを発見したので、岩茸だらけのフェースを玉ちゃんが登るものの、その後支点がないらしく、結構ランナウトして立ち木へ。そこから右にトラバースするとRCCはあるが、上部には何もなし。とりあえずカムを使いながら登っていくと、ボルトは1本もない綺麗なフェースをもったピーク状の岩壁基部に到着。

これは完全に間違っている、と立ち木で懸垂下降。降りたところから尾根に向って岩の基部を登っていくと、ゴジラ岩(これも綺麗な岩)の基部に到着。

本当は9Pのルートなんだけど、6Pまでしか登れなかった、残念(自分たちとしては8P登ったんだけれど)。時間もいいので下降。ゴジラ岩からの下降はケルンもあり、踏まれていて歩きやすかった。

09091903 09091904 09091905

21日(月) 大日本国民ルート迷宮入

この日もマルチという事で、無名岩峰の「大日本国民ルート」へ。新小川山ルートを登りつつ、トポにあるハシゴを探すも、ハシゴはなかったのに唐沢の滝の分岐点まで来てしまった。

来た道を戻ると、ハシゴではなくfixロープになっている。ここから踏み跡に入るとじきに岩が出て来る。端まで見てみるが、ルートが判然としない。

1P目はワイドのはずなので、取り付きを探す。先客2名があるワイドを登っているが、違うらしい。我々は左隣のワイドもどきを登ってみる。

テラスに着くと立ち木にシュリンゲが巻かれているので、あっているかなと思ったが、次の2P目がクラックかと思いきや、クラックほどではないらしい。

1段右に上がったところが岩茸混じりのワイドハンド。先客の方たちはここを登ったが違うらしいと降りたらしい。とりあえず登ろうと玉ちゃんが取り付いて次のテラスまで。

3P目も少し被ったクラックがあるが登ってなさそう、上部はコケっぽく左上した先はブッシュになっている。ここもとりあえず登るが、ブッシュの効きがいまいちだったので、クライムダウン。途中足場にしてた岩がお好み焼き大割れて落ちる。我々も立ち木で懸垂下降。

降りてみると、先客の方たちは違う場所を登っていた(そこではないか、という事)。

帰ろうかと思ったが、被ったコーナークラックが面白そうだったので、玉リード。しかし中間部泥が詰まっていてジャミング出来ない。掃除したら綺麗なのにねぇ、10dか(と思ったけど、正直村の野菜ケーキ10bではないかとも・・・)。

何だかトポを見ていてもわかりにくいエリアだ。玉ちゃん調査してくれ。

09092001 09092002 09092003

22日(火) 砦岩偵察

今回は初めての場所ばかり。最終日は前回間違えてしまった砦岩に行ってみることにする。
今回はシーズンも終盤に近いせいか踏み跡もわかり、無事に砦岩へ・・・、とにかくでかかった。下降しながら、アーチクラックの取り付き確認したり、前衛壁見たり。

昼になったので下降。アイスを食べてタクシー呼ぼうと思いきやつかまらない。時計を見ると川端下からの最終バス14時25分まで、あと1時間。歩くぞ、と早足。余裕でバスに乗って信濃川上駅へ。混雑する小海線に乗って小淵沢駅下車。以前キジ坊と3人で寄った入船食堂で打ち上げして帰りました。

土日だとワリと近いエリアを登るだけになってしまうけど、連泊だとちょっと離れたところも登れるし、岩もたくさんあるし、思ったよりもキレイだったり、思ったよりもコケてたり。
しかし、トポだと何か位置関係がわかりにくい。小川山完全マイマップが欲しいな。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c0134855e0aad970c

Listed below are links to weblogs that reference 流星めぐり10c失速と大日本国民も。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿