« チョビスルメと川口PUMP。 | メイン | マチガ沢で雪訓 »

2009/12/14

吉田氏シーサイドとしりいだしフェース。

2009年12月12日(土)~13日(日) 坂本、玉谷

有笠山以来、久々に外岩。

12日(土) 吉田和正氏のスクール

北の磯の予定だったが、前日の雨と波が高いこともありシーサイドに変更。

少々目標を失ってしまって消極的になってしまったが、スクールに参加していた生徒さんが非常に無駄のない美しい登りで、玉ちゃんと二人、見惚れてしまった。恐らくこの日のシーサイドで一番きれいな登り方をしていたのではないかと思う。

・・・と、玉ちゃん「カルパッチョさんではないか?」私「似てるけどそうかなぁ?」
本当にカルパッチョのお二人でした。みずがき以来だけど、ちゃんとお話したのは初めてかも・・・。さすがに登られていらっしゃいましたよ。我々も頑張らねば。

13日(日) しりいだし

今回は北の磯だとしても登り返しがあるためにカムは置いてきたので、しりいだしでトップロープ。本日も波が高く、以前登ったはったりクラックの取り付きは波に洗われてしまっている。

ハング右端 11+、左端 11 のさらに少し左から、忍者ハング直上 11aにチャレンジ。
誰もいないのでブラブラとしながら何度も登ってみる。

14時30分頃に終了。ナガヤで買出しして、15時23分の熱海行きに乗って帰りました。

次は年末年始です。目標定めて登ってこよう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c0133f2384e09970b

Listed below are links to weblogs that reference 吉田氏シーサイドとしりいだしフェース。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

玉谷さん、坂本さん、こんばんは!
シーサイドでは、声をかけて下さってありがとうございました。
本当に、ゆっくりお話ができたのは初めてですね。
僕たちも、もしかしたら松戸のお二人では?と思っていたのです。
これからは大丈夫です。

魚釣りばかりしてきたことのクライミングへの影響は深刻と思い知らされました。だけど、まあ、ぼちぼち焦らず騒がずでやっていければという開き直りに近い気持ちで、平常心・・でしょうか。

この週末からアイスに切り替えです。
動機づけに今日、コブラ(アックス)を買い求めましたが、こうでもしないとモチベーションを高められないのはあまりに不純だけど、まあこれはこれでプラスに作用するんだと思っています。

アイス、あるいはフリークライミング、今度、ご一緒できれば素敵ですね。

我々も次回からは速攻します(^^)/

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿