« 久々八ヶ岳へ。赤岳主峰となってしまう。 | メイン | イサリビフェースとゴジラ岩とおたつ磯。 »

2010/02/08

吉田氏ビラエリアとあかねでフェース。

2010年2月6日(土)~7日(日) L.坂本、SL.玉谷

6日(土) 吉田和正氏スクールでビラエリアへ

東京駅6時34発で出発。
正月以来、1ヶ月振りの城ヶ崎で、1ヶ月振りのクライミング。
イサリビエリアに行こうと富戸駅で降りたところ、吉田氏にキャッチされ、他の3人の方とともにビラエリアにボルダーをしに行くことになった。

アプローチは吉田氏のブログにあり。途中までは釣り師も使う道である。
10mほど空中懸垂すると暖かな磯があり、30人位が座れそうな半月ドームがポッカリと口を開いている。ドームの左壁にはクラックルート。

ボルダーが右から1、2、3・・・と紹介されつつ、吉田氏「あれっ、思ったより難しいかも・・・」。
駅にて「私たち久々ですから・・・」「登れるのありますよ!」ということで着いてきてしまったが、「1も登れないかも、0かも、-1かも・・・」と二人でアセる。

まず、1(レジュームチェンジと名が付く)にチャレンジ。
が、出だしがまず難しい。しかし、何回かトライしているうちにトラバースの出だしまで行けた。

続いて3(我々は勝手にインド人もビックリと呼んでいた)にチャレンジ。
まず、出だしでぶらさがれない。ここも何回かやってエイッと手を出すところまでは行けた。

続いて2(イグマドと名が付く)にチャレンジ。
ここも出だしが難しい。ほとんど仰向けからスタートな感じ。
ここも何度もやって何とか最初のハンドに手を入れるところまでは出来た。

最後は6?(ビグマドと名が付く)にチャレンジ。
ここも出だしが難しいが、とりあえずぶらさがることは出来る、が次の一手が出ない。これは自分的ムーブが浮かばなかった。

最後はブロッカーで登り返し。

吉田氏から「いいところには来てるんじゃないですか? 3級は登れますよ!」と励ましてもらう。
自分的には、出来ないムーブを3ポイントはクリアしたし、久々で正月でちょっと太ったワリにはまあいいじゃん、という感じか。しかし仰向け状態が多くて首にきた。

7日(日) あかねの浜へ

予定では他のエリアに行こうと思っていたのだが、前日のボルダーで特に上半身が筋肉痛。軽めにしようと、あかねのフェースTP課題のスリーフリーウェイ11aとビギナーズコーナー10a(より難しい)を登る。
我々より先にたくさんの人が来て登っていたが、ここは空いていた。

帰り道、釣り師のアプローチから伊豆高原駅に向かって歩いていたら、地元の釣りの方か?「先週事故あったでしょ」と聞かれ、「初心者ははしだて(ファミリー)で登った方がいいよ」などと色々話が出て、最終的には魚の話(今はブダイが釣れるそうです)などしながら「またおいでよ~」ということでお別れしました。

あとはナガヤで買出しして、この週末は空いていた電車で飲みながら帰りましたが、玉ちゃん途中でお腹痛い痛~い。
中年は生物の半額サービスは買わないようにという教訓で締めた週末でありました。

【追記】(玉ちゃん情報happy01

岩雪131号のクロニクル「吉田和正、真夏の城ヶ崎に挑戦」発表時にはヴィラ・エリアとなっていて、ヴィラ・フェイス12Trとネコバンザイクリフ12-Trを設定となっています。アプローチ図も載っていました。

10020601

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c0133f2384db6970b

Listed below are links to weblogs that reference 吉田氏ビラエリアとあかねでフェース。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

どうも。イグマドです。
久しぶりにお会いできて良かった。
お二人からは元気なパワーをもらえます。
またどこかでご一緒しましょう♪

少年剣士(のようにキリッとカッコイイね・・・と噂していた)イグマド、コメントどうもです。
我々も頑張りますよ!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿