« 福島縦断ツアー?(花塚・丸森・丑ノ倉) | メイン | 久々の外岩のはずが »

2010/05/17

パイク10c、とシーサイドでフェース練習。

2010年5月15(土)~16日(日) L.坂本、玉谷

15日(土) 無人のシーサイドへ

週末は涼しそう、という事で今シーズン最後の城ヶ崎へ。
さらにもう誰も来ないだろう、という事でドキドキしながらシーサイドに向かう。

本日は我々の他に身長2mのクリップホイホイ君が同行。
タイトボーイ10d を彼とともにリードし、セカンドを引き上げ、目的のルーズガール10d にトップロープを張るという作業に結構時間がかかる。他に人がいたら思いっきりヒンシュク、でも誰もいなかったので・・・。

吉田和正氏のスクールで来ていたときには気にしていなかったが、岩はところどころ脆そう。タイトボーイの上部は一部ホールドが固めてあったり、ヒビが入っていたり。
自分的には体重かけて登りたくない。終了点から下を見ても結構高度感がある。「いやぁ怖いねぇ」

ルーズガールの方はしっかりしていたので、安心して練習。
玉ちゃん、初めてテラスにたどり着き、続いてノーテンでたどり着く。少しずつだって進歩はするのだ。

終了点を移動してとなりのウッドペッカー5.9も登ってみる。思ったよりも豪快。

余力を残して、登り返しのリード。ひとりが空身で登って、荷物ともう一人を引き上げたけど、リード結構難しい。荷物背負ってたら結構厳しい。

16日(日) 波打ち際のパイクへ

本日も涼しい風が吹いていて、城ヶ崎日和。
こばいの南、パイク10cを登りに行く。

テラスのない波打ち際が取付き。
折り返しビレイで引き下ろし、そのままビレイしながら登ってもらう。上部トップロープみたいな感じで登ることにした。

確保支点が壊れたら二人とも海にボチャン(それとも岩でボカンか)なので、立ち木3箇所から支点をとる。玉ちゃんも私も海で泳ぐのは苦手だ。

まず玉からトライ。引き下ろす途中からは見えなくなるので、頻繁に声をかけつつ・・・で「スト~ップ!」目印にロープにテーピングを巻いておく。
調子良く登ってきている様子。しばらくすると顔が見えてきた。
「波打ち際まで降りたよ~、核心はハング越えるとこかな、10bぐらいだよ」と玉氏。

続けて私。声が聞こえないかもしれないので目印のテープのとこで止めてもらうことにする。下部のフィンガーを登り、いよいよ中間のハング。下では波がチャポンチャポンとしてていつもと違う恐怖感。
思いっきりハンドを決めて伸び上がるもフィストが決まらず沈。あとは快適にハンドが決まって終了。

パイクは遊歩道から丸見えなんだけど、我々が登っているときにはランナー1人が走り去ったのみ。

今回は潮が引いてて、王様クラブのあるこばいのテラスはだいぶ出ていた。
ここも上から降りないと取付けないのだが、夏にへつり泳ぎで行って見ようか、なんて話してみたり。

帰りはうな福でウナギを食べて血をサラサラにし、会のことについてツラツラと話しながら帰りました。

10051501 10051502


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0134855979b5970c0134855e0964970c

Listed below are links to weblogs that reference パイク10c、とシーサイドでフェース練習。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿