« 日蓮崎:インディアンドールRP 坂。 | メイン | ラッキーストーン10aとファミリー宿題。 »

2012/02/20

日蓮崎:インディアンドールRP 玉 。

2012年2月18日(土)~19日(日) 坂本、玉谷

18日(土) 日蓮崎へ

松戸駅までは少々雪の積もった道を歩いて出発。
伊豆方面は全然心配していなかったのに、屋根の上に雪、ホームの上にも雪、雪、雪。

本日は玉ちゃんのインディアンドール10d、RP狙いなのに、出足から一抹の不安。おまけに寒いし。
それでも岩場に着いて、基部まで見に行くと、全く問題なし。全くぬれていない。
先週の方が染み出しあったぐらいで、大丈夫だよ、と玉ちゃんに告げる。

とは言え、少々寒いので、早めにカップラーメンの昼食で体を温めることにする。
さらに、玉ちゃんはドリンク剤も飲みほして気合十分。

いよいよリード開始。
下部は先週よりスムーズに登ったので、これは行ったな・・・と思ったが、上部でカムのセット位置を間違えたみたいで惜しい。トップロープでセット位置を確認して、もう一度トライ・・・で上部に消えていった。
「せんぱ~い、やったよ~!」「お~!」といつものように叫んでいる。(お前叫ぶなって今までも何回も言ってるだろ、釣師のおじさんたちも笑っているぞ)
しかし、降りてきてガッチリ握手。先週の私に続き、玉ちゃんも無事にRP。良かった良かった。

しかし、イブ10dは2008年4月にRPしたのに、インディアンドールは随分と時間がかかってしまった(途中全く登りに行っていないが)。でも、基部から写真撮ると、インディアンドールって結構被っているのね。

12時45分にはワンセグでカーネーション。電車の中で8時から見たのだが、ちょうどトンネル多し場所で、ワンセグ時々0.7セグみたいにモザイクだったので。

遊歩道歩きながら、次の目標はカームフライデー10bはどうかな、とあかねにゴミステーション11bともども見学するが、思いのほか被っている。結局そのまま歩いて伊豆高原へ、足裏痛し・・・。

やる気の玉ちゃん インディアンドール

おしい 被っている

19日(日) ファミリーへ

まじめに次の課題はどうしようと悩む。
とりあえずファミリーへ。サムクラック5.9をリードして(久々、ジャミングはそれほどやらないのです、なんかいやらしくて途中テンションしつつ)、奔馬10bにトップロープを張る。

上部のクラックは表面の大岩が剥がれてきているの?というようなホールドがあり、ちょっと登るの怖いし、途中はクラックじゃないので、次の課題からははずす。

と言いながら、時間もほどよく、あとはナガヤで買出しして、ワンカップ片手に帰るのでありました。
日暮里では偶然ふ~ちゃん夫妻が乗って来てびっくり。暖かくなったらどこか行きやしょと約束して松戸で別れました。

しかし、この週末は寒かったです。日曜日は雪もチラついたし。

ホント、次はどこ登ろうかな。

大島

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

お二人ともインディアンドールRPおめでとうございます!!
お二人に少しでも近づけるよう4月からはしっかり、クラックを勉強したいと思ってます。

ありがとう、あたるくん!我々は我々で、ヘボながらも前進していくつもりです。先々週のイサリビは楽しかった。でも、久しぶりだったのでハシャギすぎてしまいとても反省しております。スマンでした。ま、時間が短かすぎかな。こんどは交流は交流で、講習は講習として、1泊か2泊でキッチリとやりたいねぇ。また、それとは別に、新人を連れて行ってばかりじゃなく、いまは自分たちの力量アップをめざす山行もガツガツやってくださいな。また松戸で飲みましょう。わしらはいつでも待っているよ!

また松戸に行きます!!城ヶ崎ではありがとうございました。ウィリーさんも感謝してました。
ひたすらに高難度を目指すタイプでもないのですが、まだまだ経験不足なので少しずつでも、「岳人」に近づけるように経験を積んでいきたいと思ってます。
就職後五年間山行かなかったいい加減な人間ですが、受け入れてくれた先輩達に感謝しております。今度は今後待っている?二大北壁も越えて長くヤマと付き合っていけたらと思っております。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿