« イサリビと浮山橋ゲルニカ10d。 | メイン | どんぐり3兄弟と小川山でクラック。 »

2013/05/27

城ヶ崎クライミング体験&講習会もどき。

2013年5月25日(土)~26日(日) 坂本、玉谷

城ヶ崎に行ってきました。
土曜日はクライミング体験会、日曜日はクライミング講習会みたいな感じで
久々に教える楽しさの部分を味わってきました。

25日(土) おたつ磯でクライミング体験

今回は、伊豆高原駅のMOMOで逢った地元在住のアキラくん、ミホちゃん夫妻のクライミング体験会。
特にミホちゃんが登ってみたいということで、決行したが、二人ともクライミング初めてということで、イメージが湧かなくて、色々と心配だった様子。

昼間にバーベキューをやってくれるという事で、待ち合わせ場所にクーラーボックス等を持って現れた二人。

おたつ磯に降りて、まずはおたつクラックの下部にロープを張る。
クライミングギアが、どれくらいの荷重に耐えられるかや、ロープにぶらさがっても大丈夫なことを説明して、いざ開始。

さすがにミホちゃんは何度もトライ。アキラ君もシブシブだったが続けてトライ。

そして昼にはバーベキュー。

午後はウランにロープを張り替え。
残念ながら上部にはたどりつけなかったが、今までは頭の中になかったクライミングイメージが少しは出来た様子。

この後は、お家によって日本酒ごちそうになって、大重丸へゴー。

 バーベキュータイム

26日(日) ファミリーエリアでクライミング講習

土曜日の夕方、大重丸の玄関で玉ちゃんが誰かと話している様子。
なんとファミリーで登っていた三人で、伊豆高原駅までの帰り道を教えてあげた彼らだった。

若者好きな玉ちゃんは、明日教えてあげるよって。

で、張り切っているワシらは、彼らよりも前に大重丸を飛び出してファミリークラックへ。
すぐに彼ら、どんぐり山の会の若者たちも合流。

テーピングから初めて、カムのセットやジャミングの説明をした後、
アンクルクラックからトップロープでトライ。

誰もアローンにはならず登りきる。
私たちが始めた頃より、上手です。

ファザークラックのトップロープもトライ。

昼になって、我々は先に撤収。
夏の小川山レイバック、登れるよ、頑張ってね。
(中段テラスまではキャメ緑~赤、テラスから上はキャメ黄、テラスでキャメ青かグレーを1個決めた記憶)

伊豆高原駅のMOMOに寄ると、何とアキラ君とミホちゃん。
クライミングの楽しかった感想を聞きながら、富山のお酒とマスターのお料理を堪能するのでありました。

そして、帰りの伊豆急の中では、岳樺の皆さまと同車両。

あとは、東海道線に乗り換えて、色々な面々との楽しい週末を思い出しつつ、潮騒のメモリーを口ずさみながら帰るのでありました。

若者と玉ちゃん

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

アローンになりかけた、どんぐりの一粒です。
やさしくキビしく我慢強い指導でなんとか諦めずにトライすることができました。
ありがとうございました。次回はアンクルをリードするぞー。

伊豆高原駅のMOMOには次回ぜひ。帰り道のソーダ水で3人とも満足してしまいまして...。

書き込みありがとう。
3人とも、すぐに上手になりますよ(^_^)。
間違いなし!!!

この記事へのコメントは終了しました。