« どんぐり3兄弟と小川山でクラック。 | メイン | 妹岩:ジャクと豆の木10bcとパピヨン。 »

2013/07/07

笹子駅から本社ヶ丸経由で三つ峠。

2013年7月6日(土)~7日(日) 坂本、玉谷

4月以来の肉体改造部の山行。
四季楽園では予想外の出逢いもあって、玉ちゃんも大喜びでした。

6日(土) 笹子駅から御巣鷹山

今回は笹子駅から本社ヶ丸を経て、御巣鷹山を目指すことにする。
前回と前々回よりも行程時間は長め。

笹子駅では滝子山方面に1パーティ。単独のおじさまと我々が本社が丸方面。
駅から甲府方面に進み、本社ヶ丸・鶴が鳥屋山の標識から登山道へ。

今回は気温が高くなる予報だったので、水を多めにもってきたが、涼しい風が吹いていて気持ちいい。歩きながら、ストック代わりの棒を調達。あちこちに落ちている。

林道に出て、標識通りに左に進み、再び登山道へ。
急登ではあるが、ジグザグに切ってあるところもあるし、樹林帯も風通しが良い。

やっとこさ稜線に到着。まだまだ先は長い。
途中小ピークを越えてたどり着いた本社ヶ丸の山頂は箱庭のよう。
岩の土台の上にいろいろな種類の低木が植えられて、その先に景観が広がる・・・というような感じ。

目指す御巣鷹山の山頂はガスの中。
三つ峠ってこっちから見ると大きな山なんだねぇ。
まずは清八峠までもったいなく下る。
ここから小ピークをいくつか登り下りして、いよいよ最後の登り。

ガスの中に入ったせいか、視界は悪いし、湿っぽくなって髪もしっとり。
構造物見えないかなぁ、そろそろ山頂かなぁ、と何度も思ったあと、白い建物の前のフェンスが見えた。

あとは林道状の広い道を四季楽園まで進む。
到着は15時過ぎ。約6時間。最近のワシらにしてはかなり歩いた。

そして、四季楽園のストーブ前にはおじさま達。
玉ちゃんが「どこかで逢ったような気がするなぁ」と頭をひねっていたところ、「まつど岳人倶楽部のお二人?」と声をかけられる。何と随分と前、一の倉沢出合で宴会テントに呼んでいただいた、JMCCの方々でありました。ここで1驚き。

続いて、玄関脇のザックを取りに来た男性に、玉ちゃんが「中で携帯鳴ってましたよ」と声をかけたところ、「玉谷~」との返事。何と、玉ちゃんの中大ワンゲルの先輩の中村さんだと言う。2驚き。

あとは、玉ちゃんの話止まらず・・・、中村さん所属の嵓のメンバーの方々と一緒に。
結果、飲みすぎじゃん?

7日(日) 天上山経由で土浦食堂へ

朝、9時過ぎに出発。
本日は晴れて、雲も自由に飛びまわっているような空模様。

日陰は涼しいけど、日向は暑い暑い。
昨日の歩き疲れはなく、飲み疲れだけという感じ。

調子よく、下降して土浦食堂へ。
おりこうに瓶ビール1本を飲んで、うつらうつらしながら帰るのでありました。

2ヶ月間、部の活動がなかったせいか、結構きつかったけど、なかなか飽きさせないコースでありました。
来月の肉体改造部はどこから登りましょうか。ね。

雲1 雲2

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。