« MGCのぷ~ちゃん岩トレ山行 | メイン | おとじろうハングと浮山橋ゲルニカ。 »

2014/01/03

年末年始。おとじろうとか浮山橋。

2013年12月28日(土)~2014年1月2日(木) 坂本、玉谷

新年明けました。午(ウマ)年です。
ウマく登って、ウマい酒を飲める一年にしたいものです。

そして、ミからウマへの年末年始は城ヶ崎に行ってきました。

28日(土) おとじろうハング

玉谷車で5時に出発。
伊豆半島からは房総半島がよく見えるほどの快晴。
いがいが根の駐車場に着くと、すでに多くが駐車済み。
空いている場所にはネコがニャー。

まずはオーシャンに行ってみるが、すでに数人のクライマー。
ルート数からすると無理かも、という事でおとじろうへ。

こちらは1パーティ3名の方々。
まずは海側のルートを登られていたので、おとじろうハング11aを登らせてもらう。

いつものごとく坂リードから。
核心のカムを右肩を押し付けた状態でセットしようとしたが、服がすべって失敗。

という事でまたもや2弾ロケット攻撃となる。
玉ちゃん登って核心のムーブを探る。
我々それぞれに核心のジャムが違うんだよね。

お昼を食べて、トップロープのまま核心のカムセット方法を考える。
ルート短いんだけどなぁ。我々的にはジャク豆の方が難しかったような気もするし。

TVガイドと開運一升を買って、この日は終了。

29日(日) あかねの浜へ

いがいが根の駐車場はこの日、我々で満車状態。
なので、ネコもいない。

あかねの浜に着くと、我々と1パーティ2名。

最初にホタテクラック10bをトップロープで登ってみる。
ジャミング数は少ない。初めて登った。

続いて、カームフライデー10b。
本日も坂リードから。
出だしの岩は、岩の下にコブシ大の石が数個ロックした感じで体重を預けるのが怖い。
最初がなかなか登れなくて、登っては降りての繰り返し。
何とか登って上まで行ったが、RP出来んのかいな。

玉ちゃんも出だし苦労している。10bより難しいよねぇ。我々の感想。

その後は移動して忍者をのぞく。すでに先客あり。
続いてファミリー。もう20名以上いるかな?
じゃあおたつ磯。あれれ誰もいない。

悟空ハングにトップロープを張って遊ぶ。
玉ちゃんはまたしてもマッチまでいかずよっちゃんまで。
私はバックで踊るジュニア状態。

30日(月) 浮山橋ゲルニカ

玉さんがRP間近とやる気マンマンのゲルニカ10dへ。
すでに2パーティ5名。その後も1パーティ3名と人気。

事前に終了点にシュリンゲとカラビナをセットしに行く。
基部に戻ると、前に来ていたパーティがトップロープをセットしていた。

しばらく待って、玉ちゃんリード。
下部核心のフィスト部分はスムーズに越えていったが、上部核心のハングでテンション。惜しい。でも気分良く登ったみたい。

私は未だに下部核心が越えられないので、そこまでに必要なカムだけ持ってリード。
何回かやってみるけど、フィストが痛くなって引き付けられる地点がだんだん低くなる。

その後は移動して忍者をのぞく。先客はないが波高し。
続いてファミリー。今登りたいとこないんだもん。
じゃあ戻るか。と本日終了。

31日(火) おとじろうハング

本日もおとじろうへ。誰もいない。
さすがに駐車場も空いていた。

坂からリードするが、またしても核心まで。
まだ、一度も上に抜けていなかったので、事前セットしながら抜けてみる。

続いて玉さんも核心までだが、90%まで行けてると言ってる。

この日は終日、我々だけだった。
しかし、おとじろうは陽射しの当たる時間が短いねぇ。

夜は頑張って、紅白のあまちゃんコーナーを見終わるまで起きる。
すごく良かったぁ。全部あまちゃんコーナーでもいいのにな。
頭の中では「潮騒のメモリー」がリフレインしながら2013年が終わっていく。

1日(水) 浮山橋ゲルニカ

2014年の一発目は、玉さん狙いのゲルニカ10d。
何と、以前何度かお逢いしている福島チームの方達が来られていた。
ちょうど1年前の正月以来です。

玉ちゃん、チームの方達から「ナイス」「ガンバ」の声をもらいつつ、下部はスムーズに。
しかし、上部でカムのセットでパンプしちゃったみたい。惜しい。この日2便。
95%まで行けてると言っている。

ワシは再びカムを3~4本持って、下部越えの練習。
直前に福島チームの女性の登りを見て、セットするカムのサイズを変えてみた。
今までよりはちびっとだけ上に行ったと思いたい。

2日(木) 帰松

我々の冬のオリンピックも終了。
例年のごとく、中大と農大を応援しながら帰る。

う~ん、しかし宿題どれも厳しい。ウマくない。ウマくないよ。
さらに写真ほとんど撮ってないよ。パカパカッ。

おとじろう1  おとじろう2

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。