« お盆は親指岩:クレイジージャム10dへ。 | メイン | 親指岩:クレイジージャム。玉RP。 »

2014/09/16

親指岩:クレイジージャム10dへ、RP坂。

2014年9月13日(土)~15日(月) 坂本、玉谷

1ヶ月振りの小川山、今回は天候良好の3連休でした。

13日(土) クレイジージャムへ

長野県に突入すると秋の気配を感じる空気の涼しさ。 夜は寒いだろうに、玉ちゃんの防寒着はモンベルの長袖の縞シャツのみ。

とは言え、日中の天気は良く、元気100%で親指岩へ向かう。

我々の課題は今回もクレイジージャム10d。
到着すると再びクボ氏。既にクレイジージャムをRPしたとの事で、今回は7月末に一緒だったハシモト氏がRP狙い。

ワシらは坂から。岩の状態はお盆よりも良く、無事にRP達成。
春に登ったゲルニカ10dは出だしでもの凄く苦労したので、意外に早く登れた感じ。

続いて、玉ちゃんトライするも上部でテンション。
春に登ったゲルニカ10dはそれほど苦労していなかったのに、意外に苦労している感じ。

そしてハシモト氏もRP。てっ、玉イチ、アローンじゃんけ。

「クレイジージャム10d登らないと、(おとじろうハングの)11a登った事にならないよ」と語っていた玉イチは、元気30%で言葉少なに缶ビールとワンカップを流し込むのでありました。

14日(日) クレイジージャムへ

本日も天気良く、元気75%で親指岩へ向かう。

クレイジージャムの一番手はオンサイト狙いの男性。
オフィズス慣れているみたいで、余裕のオンサイト、素晴らしい。

二番手は唯一の防寒着である縞シャツがザックに見当たらない玉ちゃん。
半袖で取り付くが、オフィズス部分の登りがいまいち納得出来ないらしい。

三番手の方が登り、四番手は坂。前日RPしたにもかかわらず出だしと抜け口で足スリップ。
然しながら続く五番手リーダーがいなかったので、トップロープでしばし玉ちゃんのオフィズス練習とする。 なんとなくコツが掴めて来たか・・・。

この日は、玉ちゃんの中大ワンゲル時代の中村英男先輩が所属する山岳会「くら」の3人パーティも来ていて、玉ちゃんは再び内心ふふふ。 前日とは打って変わって饒舌になり、残りの時間は「くら」の新人君と小川山レイバックで練習。

時間も程よく、山荘テラスに戻って元気100%で乾杯するのでありました。

15日(月) クレイジージャムへ

本日は曇り空、最終日。花子とアンを見たあと、元気50%で親指岩へ向かう。

すでに女性3人パーティのおひとりがクレイジージャムにトライ中。

続いて玉ちゃんがトライ。オフィズスを上手に登って、最後の抜け口へ。 「ガンバ」の声があがるが惜しくもテンション、でも今までの最高到達点。

とにかく登り方が納得できたみたいなので、次回は間違いなくRPでしょう。

あとは山荘テラスで乾杯して、今回のポイントをメモり、小海線の波にゆられながら帰るのでありました。

次はまた来月。こぴっと縞シャツ以外の長袖も持ってきてね。

クレジャ1  クレジャ2

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。