« 都留市駅から水雲山経由で三つ峠。 | メイン | 妹岩:ジャックと豆の木10bc。 »

2013/08/18

妹岩:ジャク豆10bcとクレイジー。

2013年8月14日(水)~17日(土) 坂本、玉谷

お盆休みに突入。
1ヶ月ぶりの外岩、小川山に行ってきました。

14日(水) 妹岩:ジャク豆とカサブランカ

上野から佐久平経由で入る。
途中、佐久平駅であまちゃんタイムのはずが、のんびりしてて最初の5分を見逃しちまった。

廻目平に到着して妹岩へ。
今年の目標、ジャックと豆の木10bcに向かう。
ジャク豆は1パーティ。落ち着いた登りで終了点へ消えていった。素晴らしい!!

我々のチームも坂からトライ。
出だしはスムーズに入れたが、核心のクラックが開いた部分でテンション。
玉ちゃんも同じ結果。2人とも予選落ちでボルトとは戦えず。

今回のお盆は意外と空いていたので、残りの時間は、かなりかなり久しぶりのカサブランカ10aへ。出だしはフットジャムが痛いし、こんな感じだっけと、2人でハテナ顔。
だけど、前に登った時は、60mロープを使ったが、50mでちょうど足りたので、また時々登りに来ようと思う。

山荘には17時着。夕食までテラスで乾杯。

15日(木) 水晶スラブ:越境者とアバタもエクボ

金峰山荘にはガイドの廣瀬さんも宿泊されていた。
朝食時間、廣瀬さんの経験豊富な話で1時間があっと言う間に過ぎる。

この日は気分を変えて、屋根岩2峰のセレクションを目指す。
1パーティが先行。

我々も、いつもの通りに玉ちゃんが最初のクラックを登り、次のスラブが私。
しかし、今まで何度か登っているのに、足が出ない。
一歩立ち込めば、後は登れそうなのだが、靴の中で足が滑りそう。
おまけに今年は自分としては厄年なので(一般的とは違う年だが)、やめておく。
何と途中棄権。

傷心のまま、これはスラブの練習せなあかんっと水晶スラブへ移動。
1パーティの方が終了したあと、越境者10aにトライ。

途中、とうとうスーパーモックからアナサジに靴を変えました。

暑い夏で、足汗かいて、柔らかゴムで足指も伸びていると、さすがにスメアリング出来なかった。
スーパーモック気に入って履いてたんだけどな~。
何を履いてもヘボはヘボという訳ではないね、と2人で納得。適材適所。

続けてトップロープでアバタもエクボ10cを登っていたら、ポツンと雨粒。
これはこれはと撤収して、キャンプ場が近くなる頃には本降り。
ボルダラーが続々と東屋に戻ってきた。

そのうちに小降りになって、山荘テラスで乾杯。

水晶スラブ

16日(金) 妹岩:ジャク豆

朝食時間、廣瀬さんのさらなる経験豊富な話で2時間があっと言う間に過ぎる。

そして、我々はやはり本来の目標に戻り、ジャク豆へ向かう。
1パーティの方がトライされた後、登らせてもらう。
前日の本降りにもかかわらず、クラックの中は乾いている。

2人とも初日より良い感じで登っていたのに、またもや同じとこまで。
だんだんとスムーズにはなって来ているのだが。

しばらく休んで、我々には珍しく2便目。
1便目より悪かったが、2便も出せるとは前よりもパンプしてないという事か。

15時頃戻って、山荘テラスで乾杯。

ジャク豆 ジャク豆2

17日(土) 親指岩:クレイジージャム

我々のお盆休みも最終日である。

親指岩に行ってみると、誰もいない。
クレイジージャム10dに2弾ロケット攻撃でトライ。

下部は坂。出だしはフィンガーのイメージだったのに、タイトハンドぐらいで意外と広い。
ハンドジャムのあと、オフィズスの手前で玉ちゃんに交代。
玉さんオフィズス登りでシューズに苦労する。
スタックしてても、靴底が柔らかすぎてパキンとV字に反り返ってしまうらしい。

何とかトップアウトしてくれて、1回トップロープで登って終了。

ところで、今回登ったジャク豆、カサブランカ、クレイジージャムは、50mロープだと(ぎりぎりではないけど)残ロープ長が少ないので、ロープ末端は結び目作っておいた方がいいでしょう。

クレイジージャム

あとは、山荘に戻って生ビールで乾杯し、バス停まで歩いて、信濃川上駅で再び缶ビールで乾杯、さらに佐久平駅で缶チューハイで乾杯して、おりこうに帰るのでありました。

次に来るときには足回りを整えて、再チャレンジですな。
何を履いてもヘボはヘボという訳ではなかったかな、というお話でございました。

 信濃川上ホーム

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿