イサリビフェースとゴジラ岩とおたつ磯。
イサリビとおとじろうハング(中年組編)。

スルメと城ヶ崎で色々登る。

2010年3月13日(土)~14日(日) L.坂本、SL.玉谷、五十畑

昨年の春以来、久々の山行となるスルメとともに城ヶ崎へ。

13日(土) フナムシとイサリビ

いつも通りに6時34分発の東海道線で出発。
初日はトップロープで身体慣らしとし、トップロープ支点の作り方も行うことにする。
パープルシャドウ、フラッシュダンス、メルトダウンと続けて登る。
我々の他は男女ペアとボルダーチーム。

続いてイサリビへ移動。こちらは男女ペアが2組とボルダーチーム。
フットアップルーフ、ホワイトサタデー、イサリビライトを登る。
イサリビでスルメのパワーメーターがとうとうゼロになり終了。

富戸駅に歩いて戻ると扉がガタガタ鳴るほどの強風。
今宵の宿、大重丸はほとんどのお客さんがクライマーのようであった。
城山は壁に張り付いていないといけないほどの強風だったらしい。

10031302 10031303 10031304 
 

14日(日) ファミリーとおたつ磯

ファミリーの予定だったので早めに出発、一番乗り。
ブラザーとファザーを登ったあと、おたつ磯でウランを登る。
リードの練習もしようねって言ってたのに、スルメのパワーメーターが0.5になってしまった。
残りはビール用に残しておかないといけないので、終了とする。
本日はどちらのエリアも貸切であった。

伊豆高原駅に戻ると、この週末からの桜祭りで賑やかで店も結構いっぱい。
伊東駅まで移動して打ち上げして、始発の東京行きに乗って帰りました。

城ヶ崎は、暖かく、風も思ったほど強くなく、空いていて、岩はフリクションがよく効いて、なかなか素敵なクライミング日和でした。

10031305 10031306 10031307 
 
 

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)